鉄骨住宅でもシロアリ対策をしなければいけない理由

シロアリによってますます増える鉄骨住宅への被害 シロアリによってますます増える鉄骨住宅への被害

何故鉄骨住宅にシロアリが?

複数のシロアリ

シロアリは木材を目当てに、移動をしています。森林地帯では、倒れた木を餌場にして生活するのが基本的な生活スタイルとなっているのです。ここではそんなシロアリが一体なぜ、鉄骨住宅を狙って侵入をしてくるのかについて紹介していきます。

鉄骨住宅にシロアリが発生するワケ

鉄骨住宅にシロアリが何故湧くのか謎に思われる人もいることでしょう。鉄骨住宅はコンクリートと鉄筋だけでできているという認識の人もいるかもしれません。確かにコンクリートや鉄筋は沢山使われています。しかしそれ以外にも、木材もたっぷりと使われているのです。シロアリはこの木材を目当てに鉄骨住宅に侵入してきます。またシロアリが食べるのは木材だけではありません。木材以外にも断熱材や紙も食べてしまうのです。驚くことにコンクリートもかじって削ることもあるといわれています。

鉄骨住宅で木材が使われている部分

  • 間仕切りの壁
  • 建具
  • 合板
  • 床根太

鉄骨住宅では木材が多く使われています。例えば根太の部分や、間仕切りの壁などです。ですからシロアリの被害に遭ってもおかしくないのです。またシロアリは雑食性です。紙や断熱材、またプラスチックなども食べてしまいます。鉄骨住宅には断熱材が使われている場所も少なくありません。断熱材に木材が使用されている鉄骨住宅は、シロアリからすれば立派な餌場ということになるでしょう。鉄骨住宅に侵入する際は、ひび割れを起こしている部分から簡単に侵入してきます。

鉄骨住宅にシロアリが侵入する可能性が十分にある、ということをこの段階で理解した人も多いことでしょう。住宅がシロアリ被害に遭ってしまうと、耐久性能が大幅に下る危険があります。ですからシロアリ駆除やシロアリ対策をするようにしましょう。

TOPボタン