自分でやるよりもシロアリ対策は業者に任せた方が確実

シロアリによってますます増える鉄骨住宅への被害 シロアリによってますます増える鉄骨住宅への被害

鉄骨住宅にシロアリ!?駆除するにはどうすればいい?

鉄骨住宅に住んでいる場合、シロアリと自分の家は無縁だと思っている人は多くいるのではないでしょうか。もしくは頑丈だから大丈夫と考えてしまう人もいます。確かに鉄骨住宅は頑丈ですが、場合によっては亀裂ができることもあります。その亀裂がシロアリが入れる程の大きさであれば、シロアリ被害を受ける可能性もでてくるのです。

鉄骨住宅のシロアリ対策は業者にお願いしよう

鉄骨住宅はいくら頑丈だといっても、地盤のズレや地震の影響によって外壁に亀裂が入ることがあります。亀裂が大きければ、シロアリが侵入してくることもあるのです。自分でシロアリ対策ができる人は少ないので、シロアリ対策は業者に任せるのが無難だといえるでしょう。

シロアリ駆除業者ではどんな対策を行なっているのか

被害場所の調査

シロアリが侵入すると、まず床がきしんでいることや柱から空洞音がするなど、家で何かしらの異変がおきます。その異変に気付き、シロアリだと感じたらシロアリ駆除業者に点検の依頼をします。シロアリ駆除業者が到着後、床下に潜り込みシロアリがいるかどうかをチェックするのです。どこからシロアリが侵入し、どの部分を侵食しているのか調べていきます。

駆除作業

床下に潜り込み、シロアリを発見したら今度は駆除作業に移ります。シロアリ駆除を行う際にはシロアリ駆除用の薬剤を吹きかけます。またシロアリ駆除に使われている薬剤にはスプレー以外にも液体のものがあります。この液体の薬剤を床下にある土壌に撒く場合もあります。床下の土に液体の薬剤を撒く理由としては、床下にシロアリの巣があるからです。家の中へ移動してくる時も、土の中から住宅内部に移動します。シロアリ駆除用の薬剤に触れると、シロアリは死滅します。

鉄骨住宅のシロアリ被害は増えている!

シロアリの巣

シロアリ対策を怠ると、そのうち住宅にシロアリが侵入してくる恐れがあります。どんなに頑丈な住宅でも、シロアリ被害を受ける可能性が十分にあるのです。ここではシロアリ被害を受けた鉄骨住宅 の事例を紹介していきます。

鉄骨住宅のシロアリ被害事例

床がプカプカするなと思ったら・・(40代/男性)

鉄骨住宅を建ててからもう10年は経過しています。ずっと鉄骨住宅はシロアリとは無縁だと思っていました。しかし、最近になりシロアリ被害に遭っていることを知ったのです。少し前から床がプカプカするようになってきたので、原因をネットで調べてみました。そうするとシロアリに関しての情報がたくさん出てきたのです。それがきっかけで、業者に点検を依頼するまでに至りました。

玄関にシロアリが発生しました(40代/女性)

鉄骨コンクリート造の住宅なので、シロアリ被害には遭わないと考えていました。最近、玄関の改築をした時にたまたまシロアリを見つけたのです。玄関がシロアリ被害に遭っていることを知って驚きました。絶対に大丈夫だと考えていたので、シロアリを発見した時は、驚きとショックの両方の感情が掻き立てられ唖然としてしまいました。

シロアリといえば木造住宅に発生するイメージが強いですが、このように鉄骨住宅にも発生するケースがあります。木造住宅と比べれば、被害に遭う割合も低い傾向にあります。また、被害の程度も木造住宅と比べれば軽いものになるでしょう。しかし、それなりに住宅がダメージを受けてしまい耐久性が下がることには違いがないので、侵入を許さないためにもシロアリ対策しておきましょう。

TOPボタン